ナンパを成功させるテクニックとその具体的方法

本日は、僕がナンパをするときに考えていること、具体的なやり方やテクニックを紹介したいと思います。


僕が思う大事なポイントから言います。


それは、ナンパでは女の子に「感情的に」判断させることです。


これは、僕がナンパをするときに何よりも大事にしている考え方です。


普通に考えて、見知らぬ男性に声を掛けて、番号を交換したりご飯を食べに行くはずがありません。


「知らない人に付いて行ってはいけない」は、子供の頃から親に教えられている常識です笑


ただ、子供に声を掛けるわけではありませんから、大人の女性は「自分で正しい判断ができる」と思っているものです。


どうにかして「この人のナンパに付いていきたい」と思わせて、「付いていく正当な理由(その女性にとって)」を与えて上げる必要があります。


しかし、先ほども説明したように、普通に考えて「知らない人には付いていかない」が常識です。


理性だけで判断させてしまうと、ナンパに付いてくるはずがないのです。


ここからが大事なポイントです、、、


理性だけで判断させてしまうと、女性はナンパに付いてきませんが、人間の判断は理性だけでなく「感情」にも大きく左右されます。


そのとき、一見すると「おかしい判断」も人間はしてしまうものです。


つまり、どうにかして「感情的な判断」の影響を強められないか?を考えることが重要です。


少し抽象的な説明になりましたが、ここまで説明したことが、僕がナンパをするときにいつも強く意識していることです。


これから更に具体的に説明しますが、誤解のないように少し補足していきます。


感情的に「おかしい判断をさせる」と書きましたが、女性を騙すという意味では決してありません。


コンビニよりもスタバのコーヒーの方が高いですが、「スタバに騙された」という人はいません。


価格だけで見ればスタバの方がコンビニコーヒーよりも高いので、「おかしい判断」をしているとも言えるはずです。


そういう意味で「おかしい判断をさせる」という言葉を使っています。


そもそも、感情で判断させるナンパとは?

そもそも、感情で判断させるナンパとは一体どういうものなのでしょうか。


もう少しこのあたりを深掘りしていきます。


抽象的な説明をしてもわかりにくいと思いますので、日常生活の中であなた自身が”感情的に判断しているであろう”状況を説明したいと思います。


たとえば、以下のような状況やフレーズに少なからず反応してしまったことはありませんでしょうか。


  • お菓子の箱の”期間限定商品”という文字を見て購入をしてしまう。
  • アパレルショップの店員の「この色、渋谷店限定カラーなんですよ。」と言われ、つい服を買ってしまう。
  • ”大学の教授”という肩書を見ただけで、「この人の言うことは全て正しい」と勝手に思い込む。
  • 試食をしたあと、その商品を買わないといけない気がして買ってしまう。
  • 行列の出来ている店を見ると、その店が気になって行ってみたくなる。

・・・などなど。


実は、上記の例は全て”感情”によって判断している状況だと思います。


よくよく考えてみると、上記の例は全て「それっておかしい判断じゃない?」と言えるものばかりではないでしょうか。


たとえば、試食をしても買わないといけないルールはないはずですし、大学教授でも全ての分野に詳しいわけではないはずです。


要するに、性別に限らず、人は感情で判断する場面はいくらでも日常生活にあるということです。


「女性は感情で判断する」という意味は、このような”感情による判断力”が男よりも強いと考えて頂けると良いかと思います。


演出を使って「感情的に」判断させる

ここまでで説明してきたことを応用して頂ければ、”感情で判断させるナンパ”というものがぼんやりと分かって頂けるのではないでしょうか。


一言で説明すれば、様々な演出によって「この人ならナンパされても良いかも」という感情を引き出していくことが”感情で判断させるナンパ”だということです。


たとえば「秋限定のお菓子」という表記も演出ですよね。


ナンパにおいても、演出によって、ナンパをする側にとって都合の良い感情を女の子から引き出せば良いということなのです。


感情の引き出し方

では、具体的にどうすれば女性に感情的に判断させることができるでしょうか?


具体的に「この人ならナンパされても良いかも」という感情を引き出すためのナンパとは、一体どのようなものなのでしょうか。


そのポイントを説明したいと思うのですが、僕は”希少性の演出”が最もナンパにおいては大切だと考えています。


要するに、「こういう男は他にいない」という印象を女の子に与えるということです。


結論としてはありきたりですので、「そんなの知ってるよ」と言われてしまうかもしれませんが、僕は細部のニュアンスを伝えることが大事だと思っているので、あえて遠回りな説明をしてみました。


女の子の立場で考えていきたいと思うのですが、基本的には”恋愛対象となる男”は一人のはずです。


この場合は恋愛対象というよりも”彼氏候補”と言った方が適切かもしれません。


その”彼氏候補”に特定の男性をリストアップする際には、何か”ある判断基準”が女の子には存在するはずなのです。


それこそが”その他男性との大きな違い”であり、すなわち”希少価値”だと僕は考えています。


希少価値を演出するナンパ

また、希少価値を演出する方法は自分自身の”魅力”それ自体から演出できますし、またその魅力の”魅せ方”によっても生み出すことが可能です。

参考
>魅力の作り方、魅力の魅せ方について


ただ気を付けなければならないポイントは、ナンパと一般的な恋愛には大きな差異があり、その違いをしっかりと認識し、その対策を考えていかなければならないことです。


たとえば、ナンパと一般的な出会いの大きな違いは、アプローチに使える時間ですね。


職場の同僚などであれば時間を掛けてアプローチすることができますし、合コンやパーティーであれば、最低でも2時間以上アプローチする時間があったりするわけですから。


特にストリートナンパでは、声を掛けてから数秒~数十秒で”単なる見知らぬ人”という関係性を脱して、そこからの関係性を構築してかなければなりません。


そういう意味では、一般的な出会いでは使うことの無い”ナンパ専用のテクニックや理論”も存在します。


ナンパをしていくのであれば、そういった”一般的な恋愛との違い”を認識した上で、実践していくことに気を付けてみてください。


ナンパ講座一覧

>ナンパ講座一覧

真野純太の無料恋愛講座

僕が実際に効果を感じた”恋愛ノウハウ”や”恋愛に関する知識”を、自分自身の”経験や知識”を基にして、具体的に公開していきます。


理想の女の子の”出会い方”と”口説き方”を身に付けるまでに僕が行ってきた、”これまでに辿ってきた道のり”と”その考え方”も、ゼロから詳しく説明しています。

>無料恋愛講座はこちら


質問・相談について

ブログ内で紹介している内容に関する質問・相談は気軽に連絡下さい。

>真野純太にメールはこちら


コメントを残す

サブコンテンツ

真野純太

manochan

好み:キャバ嬢、ギャル系
好き:海外旅行、服、車など


関西でストリートナンパやってます。

よければ合流しましょう(笑)

恋愛講座

sider5

ブログランキング

このページの先頭へ