凄腕ナンパ師とショボ腕ナンパ師の大きな違い

ナンパ師と一括りに言っても、いわゆる凄腕と呼ばれる人達と、ショボ腕と呼ばれる人達に分かれます。


本日は、その凄腕やショボ腕と呼ばれる人達の”僕なりの判断基準”について説明していきたいと思います。

凄腕ナンパ師

ちなみに今回説明していく内容については、ナンパにおいて”凄腕”や”ショボ腕”と言う話であり、人間性や目的によって恋愛観は人それぞれですから、人間のレベルを判断するつもりはありませんのでご了承下さい。


たとえば、ギャル系の女の子が恋愛対象ではない男性は世の中に大勢いますし、そういう方に対して「ギャルを落とせない男性は、ギャルを落とせる男性より格下」と言うような話をするつもりでは全く無いという事です。


あくまで”ナンパ”というフィールドにおいての凄腕、ショボ腕という話です。


そもそも、ナンパと言うものは”全く関係の無い女性”と恋愛関係を構築していくことを目的とした、出会いの手段のひとつです。


ですので、”ナンパ師として凄い”という基準はほぼ明確であり、「どんなタイプの女性でも恋愛関係を構築することが出来るかどうか」というポイントが、その境目になるのではないでしょうか。


たとえば、

・清楚系女の子に”色”を使って落とすパターンしか持っていないナンパ師
・ギャルっぽいノリの良い系を勢いで落とすパターンしか持っていないナンパ師

こういったナンパ師は”落とせる女の子の幅が狭い”という事が言えるわけです。


ちなみに再度強調しておきますが、女の子のタイプは個人的価値観の問題ですから、限定したターゲットにアプローチをすることを否定をしている訳ではありません。


ただ、ナンパ力と言う意味では、”幅広いターゲット”に対して適切なアプローチ手段を持っているナンパ師こそ”凄腕”だと僕は思うのです。


では、どうすればそんな”凄腕”になれるのか?


もし”凄腕”と呼ばれるナンパ師になりたいなら、一番良いのはあなたの理想とするナンパ師がナンパをしているところを直接見るのが良いと思うのですが、まずはそういった方の実録音声を聞いて頂くだけでも良いかと思います。


人それぞれ目指す”ナンパ師像”は違うと思いますけど、僕自身はそういう”凄腕ナンパ師”を目指していきたいですね。


ナンパ講座一覧

>ナンパのやり方と、その理論

>女の子の”感情的な判断”を引き出すナンパとは

真野純太の無料恋愛講座

僕が実際に効果を感じた”恋愛ノウハウ”や”恋愛に関する知識”を、自分自身の”経験や知識”を基にして、具体的に公開していきます。


理想の女の子の”出会い方”と”口説き方”を身に付けるまでに僕が行ってきた、”これまでに辿ってきた道のり”と”その考え方”も、ゼロから詳しく説明しています。

>無料恋愛講座はこちら


質問・相談について

ブログ内で紹介している内容に関する質問・相談は気軽に連絡下さい。

>真野純太にメールはこちら


コメントを残す

サブコンテンツ

真野純太

manochan

好み:キャバ嬢、ギャル系
好き:海外旅行、服、車など


関西でストリートナンパやってます。

よければ合流しましょう(笑)

恋愛講座

sider5

ブログランキング

このページの先頭へ