恋愛の駆け引きのやり方のコツ、余裕の作り方

本日は一般的によく言われている”恋愛テクニック”について、少し補足と言いますか、実践のためのコツをお話ししていきたいと思います。


恋愛で必要な余裕や駆け引きについて

・女の子を落とすためには”余裕”を持ちましょう。
・一か月敢えて連絡を取らないなどの”駆け引き”をしましょう。


こういった恋愛テクニックを聞いたことがある方も多いと思いますが、駆け引きをすること、余裕を感じさせることは、間違いなく”有効な考え方”のひとつだと思います。


その理由は、駆け引きを行うことで強烈な印象を与えるきっかけとなったり、余裕を見せることで自分と女の子の関係性を優位なポジションに引き上げることに繋がるからですね。


ですので当然、余裕や駆け引きという考え方は”手段”であり、目的を達成するためのひとつの考え方だということです。


従って、

・余裕を持ちましょう
・駆け引きをしましょう

このようなテクニックを”知識”として知っているだけであれば、そこに意味はありません。


「余裕を見せたつもりが、ただ興味が無いと思われて距離が縮まらない」
「駆け引きをしたつもりが、効果があるどころか反応が落ちた」

こんな経験をしたことがあるかもしれませんが、その原因は”恋愛テクニック”だけが表面的な理解になってしまっていることにあります。


こういった”手段”に位置づけられるテクニックというのは、たとえば「余裕を持て」と言われたときに「なるほど!余裕を持てば良いのか!」と考え、それを実践するだけでは不十分であるケースが多いですね。


その”不十分なケース”ですが、大きく分けてその原因には”2つのパターン”があります。


まずひとつめの原因ですが、恋愛の理論が背景に知識として無いということであり、その結果として”手段が手段として機能していないパターンです。


もうひとつの理由は”正しく実践できていない”という原因によって、頭では「余裕を持て」とわかっていても、客観的に見ると「余裕を持てていない」というパターンですね。


もちろん”どちらかが原因”となるのではなく、”両方が原因”という場合も多いにあり得ます。


ですので、そういった”テクニック”を使うことがができていないと思えるのであれば、まずはその原因がどちらにあるかを自分なりに把握をしてみて下さい。


「手段として使えるレベルに恋愛知識が不足している」という場合の対策は、当然まずは知識を身に付けることが最優先となることは明らかですが、客観的に見て「余裕を持てていない」あるいは「駆け引きができていない」場合の対策は”出会いを増やすこと”をおすすめさせて頂きます。


特に”余裕”などというものは、自分で「持とう!」と思って持てるものでは無いと思います。


従って、本心から「別にこの女の子を口説けなくても、いくらでも女の子と出会いがある」と思えるような”余裕を持てるだけの出会いの数”を作れば良いということですね。


そうなれば「余裕を持て」と言われなくても、自然と余裕を持てるようになるはずです。

>恋愛講座一覧

真野純太の無料恋愛講座

僕が実際に効果を感じた”恋愛ノウハウ”や”恋愛に関する知識”を、自分自身の”経験や知識”を基にして、具体的に公開していきます。


理想の女の子の”出会い方”と”口説き方”を身に付けるまでに僕が行ってきた、”これまでに辿ってきた道のり”と”その考え方”も、ゼロから詳しく説明しています。

>無料恋愛講座はこちら


質問・相談について

ブログ内で紹介している内容に関する質問・相談は気軽に連絡下さい。

>真野純太にメールはこちら


コメントを残す

サブコンテンツ

真野純太

manochan

好み:キャバ嬢、ギャル系
好き:海外旅行、服、車など


関西でストリートナンパやってます。

よければ合流しましょう(笑)

恋愛講座

sider5

ブログランキング

このページの先頭へ